ホームページ > スタッフブログ > スタッフブログ - 今年のニュース・プレイバック PART.3

カテゴリー
お知らせ
日常
生地素材
最近の記事
「ふるさと納税」にエントリーしました!
今年のニュース・プレイバック PART.3
今年のニュース・プレイバック PART.2
冬季休業のお知らせ。
今年のニュース・プレイバック PART.1
夏季休業のお知らせ。
マスクを作りました(*^^*)/
生地の通販サイトをスタートしました!
ゴールデンウィーク休業のお知らせ。
新型コロナウイルス感染防止対策における交代制勤務のお知らせ。
月別表示
2021年1月
2020年12月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2019年12月
2019年8月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年8月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年2月
2013年1月
2012年9月
2012年7月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年10月
2011年9月
2011年8月

今年のニュース・プレイバック PART.3

投稿日:2020年12月26日 09:52、カテゴリー:「日常」、投稿者:Fukumoto

blog_20_150.jpg

2020年、心に残る弊社の取り組みを写真で振り返る「今年のニュース・プレイバック」第三弾は『播州織マスク寄贈』です!


blog_20_152.jpg

もともと、展示会用のノベルティ(粗品)として企画した播州織マスクなのですが、新型コロナウイルスが増えはじめ各社医療機関等にマスク寄贈の動きが高まってきていました。私は『同じ地場産業の中に居ながら自分は一体何をやっているのか。なぜ動き出すことができていないのか!?』と強く疑問を持つようになったのです。

そんなある日、同じ社の後輩に電話でこの胸の内を相談してみたところ、、、「・・・全く同じことを考えていたんです!まさにそれを相談しようと思っていたんです」との返事でした。「!!!!!」まさにこんな感じで驚きましたね。

そこから正式に「チーム桑村」を立ち上げ、展示会の企画の一環としてマスク寄贈を考えたわけです。本社営業部が7部署、各部1柄ずつ生地を提供いただき1000枚分のマスクを製作して、内、半分を多可町と西脇市へ寄贈することと決定しました。


blog_20_153.jpg

マスクの仕様はチームで企画・設計し、表地は各部署イチオシの素材、内側は短繊維3部6課が得意とする「アイスコットン」を使うこととしました。ここでアイスコットンについて説明しますと、素材は【綿100%】です。特殊な技術で撚糸(糸に撚りをかけること)加工することで、肌に触れた際「ひんやり」感じることができる、まさにアイスタッチな天然素材なのです!これをマスクに使用すると、ひんやりするだけでなく、肌触りがよく蒸れにくく快適に一日を過ごせるのです!なので、冬シーズンでも快適です!


blog_20_154.jpg

blog_20_155.jpg

形は現在社内販売している「手作り播州織マスク」とは異なり、テレビでよく見かける西村経済再生担当大臣が普段から着用されている、あの形を再現してみたんです!もちろんチーム内で試行錯誤して(^^;

製作上、この時はミシンが無く、、、正確には2台あったのですが共に個人の物を持ち寄ってもらってそれでサンプル等作製していたのです。(後々これを機に、会社でミシンを2台も購入してもらえました♪)ということで、企画設計・型紙・ゴム紐までを準備し、製作は同じ町内にあるソーイング竹内さんへお願いすることとなりました。1000枚ですので手間と時間がかかりましたが、試作を重ね良い物が出来上がりました!お世話になりました<(_ _)>


blog_20_138.jpg

中にはメッセージカードを封入。もちろんこれも皆で考えて、印刷するカードも探しまくりました。表面は持ち寄ったデザインから1点に決定しようということだったのですが、決めきれず、、、全部採用することとしました(;^ω^) せっかくなので以下に紹介します。


blog_20_139.jpg

blog_20_142.jpg

blog_20_141.jpg

blog_20_140.jpg

どうですか?どれも個性的で、さすが弊社デザイン企画担当者!と思いました。ww


blog_20_147.jpg

そして去る10月13日、多可町役場へ寄贈へ。ここには私の後輩が務めていまして、その橋渡しに入り、寄贈式典まで段取りしてくれたのです。地元テレビ局「たかテレビ」にも取材され、なんとも恥ずかしい思いもしましたが、大変喜んでいただけて良い日となりました!
(写真は多可町長へ皆で手渡しする場面です。入れ物の箱も播州織の生地で製作!)

blog_20_143.jpg

blog_20_146.jpg

最後にスチールショット!
(左から教育長・副町長・町長です)


blog_20_148.jpg

そして10月16日には西脇市役所へ寄贈へ。
片山市長をはじめ担当職員さんとお話しし、喜んで受け取っていただくことができました!


blog_20_151.jpg

↑ 西脇市のFacebookにはこのような掲載で紹介されました。ありがとうございました!


blog_20_149.jpg

多可町役場からも後日このようなInstagramでの紹介も頂き、さらには着用されている写真まで頂けました!!


blog_20_144.jpg

blog_20_145.jpg

そうそう、今回の寄贈マスクは、多可町・西脇市ともに〝職員の皆さんで着用ください〟という思いで寄贈いたしました。というのも、多くの企業さんがマスクの寄贈はされていますが、その大半は医療機関や医療施設、学校関係等へと譲渡されていきます。このような大変な時期に一番大変な仕事をされている町・市の職員さんにこそぜひマスクを使用していただきたく、その素材の良さについても知っていただく良い機会にしていただきたかったのです。

西脇市も多可町も、そのほとんどの職員さんに行き渡るように準備し、お願いしました。特に窓口業務の方や関係機関等の施設で働かれる職員さんにも。。。



寒い時期に入ってコロナウイルスの勢いが増し、日に日に感染者数は増え続けています。今こそ手洗い・うがいの励行とマスク着用を忘れず、少しずつでもその数が減っていくことをチーム桑村メンバー一同、そして桑村繊維株式会社社員一同、強く望んでおります。


<<今年のニュース・プレイバック PART.2スタッフブログ「ふるさと納税」にエントリーしました!>>